探偵社の選び方

一般社団法人 日本探偵ネットワーク
All Japan Detective Network


探偵社はどこでも同じなの?

残念ながら調査のスキル、唯一の商品である調査報告書のクオリティー、サービス内容には一定の基準がありません。 すなわち探偵社・興信所としての最低限のビジネススタンダードが存在していません。 拠って、「探偵社ならどこも同じです。」とは言えないのが現状なのです。 調査の相談、また調査の依頼をしようとお考えの方で、「信頼できる調査会社、探偵社がわからない」とお悩みの方は、 こちらの「正しい探偵社の選び方について」を是非ご参考にして下さい。 悪徳探偵社や悪徳興信所は依頼者を信用させる、依頼を受ける為に様々なやり方の宣伝広告をしています。 依頼者側もそういった業者を見極める目を持つことが重要です。 探偵・調査の依頼内容の秘密は守られます。 探偵調査の依頼事実をむやみに他言すると、調査に支障を来たすばかりでなく、対象者に察知されかねません。 依頼者ご自身が告白しない限り、秘密は守られます。まず、探偵社や興信所などに、 調査を相談または依頼しようと考えたときは、下記の内容をよくお読みの上、判断される事が賢明と言えます。

探偵社と興信所の違いは?

昭和時代の探偵社はパーソナル系調査(人の行動の調査・浮気調査・行方調査・結婚調査・犯罪調査など) を中心に一個人について深く調査を行ない、興信所は経済関係調査(企業信用調査・個人信用調査・雇用調査・ 市場調査など)を主に行っていたため、探偵社と興信所では、調査手法及び棲み分け的な違いがありました。 現在は興信所を名乗っていても尾行調査も実施しますし、探偵社も企業からの依頼で信用取引のための調査も行なう 会社が増えています。両社とも調査会社としての根本的な違いはありません。探偵業法の定義は以下の通りであり、 素行調査、行動確認の為の尾行、張込み、聞込みを実施する調査会社は、名称が探偵社でも興信所でも探偵業法の適用 を受けています。調査手法的には探偵社は、尾行や張り込みによる行動監視調査をメインにしており、行動確認調査に よる証拠収集の後に聞き込みによる取材調査を実施して証拠を保全し、唯一の商品である調査報告書を依頼者に提供する というのが特徴です。ですので、手間暇、時間をかけてお客様が望む結果を詳細な報告書を丁寧に作成する作業はとても 労力が掛かることから、一品ものの専用家具を特注するようなものと考えて頂いてもいいかもしれません。 これに対して、あえて違いを述べるとすると興信所の調査方法は、調査する対象者にたいして直調と言って直接面談したり 電話によって取材する調査方法を実施して、その聞き取りしたことに対して裏付調査を実施してクライアントに報告するの が一般的。実際に企業信用調査の類はその様に実施されます。ある程度大手の興信所の類は、同じ会社の信用データー等 を別のクライアントに対しても使い回し出来ることと、調査深度がとても浅く表面上の調査であることから短時間で簡潔な 報告書が主体であり、1件あたりの調査価格はとても安価であることが多いと言えます。



探偵社

全国優良探偵社

探偵社の選び方

Copyright (C) 2012 一般社団法人 日本探偵ネットワーク All rights reserved.