離婚に関するMENU 【 裁判離婚 】

一般社団法人 日本探偵ネットワーク
All Japan Detective Network

調停が不成立で終了した場合、また審判で異議申し立てがでた場合、夫婦の一方は家庭裁判所に離婚の訴えを起こします。 裁判離婚の場合は、法律上の一定の以下のいずれかの離婚原因が必要になります。

・不貞行為があった時
・悪意で遺棄したとき
・3年以上生死不明のとき
・強度の精神病に罹り、回復の見込みがないとき
・その他、婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

裁判上で和解もしくは判決によって取り決め事項(慰謝料、財産分与、親権、養育費)が決まります。

訴えを起こした側(原告)が上記理由を裁判上で立証できないと勝訴は極めて困難です。 裁判上では証拠の有無が大きく物をいいます。通常は弁護士さんへ依頼するケースが殆どですが、 その際も弁護士さん任せにせず、自分も全力で取り組みましょう。

全国優良探偵社

探偵社の選び方

Copyright (C) 2012 一般社団法人 日本探偵ネットワーク All rights reserved.