不貞行為について 【 探偵社・調査会社の報告書 】

一般社団法人 日本探偵ネットワーク
All Japan Detective Network

自分で配偶者の不貞の証拠を集め、慰謝料を求める離婚請求をすることは自由です。 しかし、浮気がばれるようにする人は居ないでしょうから、配偶者と異性の愛人の「性行為(肉体関係)を確認ないし、 推認できる証拠」をつかむのは、現実問題として困難と思われます。

例え異性の愛人とラブホテルに出入りしている写真が撮れたとしても、1回限りの不貞の証拠で離婚を認めたケースは あまりなく、裁判で離婚原因として認められるには、ある程度反復継続的に肉体関係と伴うものではないと、 不貞行為として認められません。不貞行為と認められなかった場合は、慰謝料の請求や財産分与の判定に差が出る可能性 もあります。

また自分で不貞の証拠を集めようとしても、手段・方法によっては法律違反を犯していることもあり、 証拠能力が問題になる可能性が高く、裁判所への提出が出来なくなってしまいます。

そのような場合は調査力のある探偵社・興信所に相談・依頼した方が良いと思われます。 弁護士では不貞行為の証拠集めまではやってはくれません。探偵社・興信所では裁判に必要な確かな「不貞の証拠」 を集めてくれます。また、探偵社・興信所に調査を依頼される時には、調査方法、結果に対する責任、 経費の確認、機材等の料金、最終的な金額、探偵社との連絡方法、成功報酬の有無、契約書等の確認は必ずして下さい。

この点、一般社団法人 日本探偵ネットワークの会員であればご安心して調査をご依頼されても大丈夫だと自信を持って ご推薦致します。

離婚のための証拠収集であれば、訴訟の為に相手の現住所等・連絡先なども判明する必要があります。

全国優良探偵社

探偵社の選び方

Copyright (C) 2012 一般社団法人 日本探偵ネットワーク All rights reserved.