不貞行為について 【 不貞行為の証拠の活用 】

一般社団法人 日本探偵ネットワーク
All Japan Detective Network

夫婦間の離婚協議でも「不貞の証拠」があれば、子供の問題や慰謝料の支払いなど、 離婚に伴う諸条件の交渉を有利に進められます。
相手方が離婚の合意に達しても、慰謝料などの諸条件の面で協議がまとまらない場合は、 家庭裁判所に調停の申し立てをすることができます。調停では「不貞の証拠」があることを前提として 話し合いを進められますので、有利な条件で話し合いが可能となります。
調停でも相手の合意を得られない場合は裁判となりますが、離婚の原因が配偶者の「不貞行為」であることを証明できれば、配偶者や愛人に慰謝料の請求が可能となります。
また、自分は婚姻の継続を希望しているが、相手から離婚を迫られている場合でも、調停・裁判で配偶者の 「不貞の証拠」を提示して、相手方の離婚請求を阻止することも可能です。
復縁についての可否は当然パートナーの気持ち次第となる事は言うまでもありません。

全国優良探偵社

探偵社の選び方

Copyright (C) 2012 一般社団法人 日本探偵ネットワーク All rights reserved.